Copyright © 2017 studioJig. All rights reserved.

​使用木材と技法について

「studio Jig」では、奈良県吉野地方で育まれる「吉野杉」を使用して

います。日本人工三大美林に数えられる吉野杉は、密植と多間伐を繰り

返し、多産地の杉には見られない品質と品位を持っています。

品質は、4mを超す長尺であっても節がほとんどなく、細かく均一な年輪に、

品位は、色艶と香り、淡い紅色をした木肌に表れます。

​吉野杉

「studio Jig」では、「Free form Lamination」という新しい技術を使用しています。

Free formとは無型、Laminationとは、積層を意味します。

一般的に積層合板とは、雌雄の型を使い、型の形に添って成形する技術ですが、

Free form Laminationは、雌雄の型を使わずに成形を行う技法です。

型を使用しない為、型の制限を超えた自由な造形を可能としています。

杉材は軽く軟らかい為、家具用材には不向きとされてきました。

しかし、年輪の緻密な吉野杉の薄い単板を何枚も重ね、積層し圧着する技術により、

接着材の強度をそのまま木材の強度へ補填し、軟らかい杉材でも家具を制作する事が

できました。また緻密な年輪自体が、杉材の成せる最大限の強度を持っています。

 

杉材の持つ温かみを残しつつ、家具としての強度を実現した「studio Jig」の家具を

是非体験ください。

​Free form Lamination

​フリーフォームラミネーション